職種図鑑
  • 設計
  • 営業・計画
  • 研究・開発
吉田俊次
吉田Fashon
仕事内容
水処理装置における機器(樹脂塔・タンク等)の設計を行っています。機器設計は当社のノウハウが集約されている分野でもあり、装置の性能を果たす上で大きな役割を担っています。
機器の内部構造はイオン交換樹脂や充填する物によって異なり、処理すべき流体や工程によって流れ方向も変化するので、耐圧計算や流速計算を行い、様々な視点から確認をしています。
やりがい
設計したものが工場で製作されて、実際に形になり完成した物を目の当たりにすると嬉しいです。試運転が完了して、お客様に納入した装置は定期的なメンテンスを経て、何十年もの間運用されます。装置から得られた処理水は、様々な分野の工場で製品開発や給水設備として役立ち、その製品は私達の日常生活に欠かせないものとなり、少しは社会に貢献できているのかなと思いやりがいを感じます。
必須アイテム
必須アイテム
1 関数電卓
2 配管ポケットブック
3 ヘルメット&コンベックス
こんな人におすすめ
設計と言えばパソコンと向き合って図面を製図したり、計算書を作成するイメージがあるかもしれませんが、エンジセンターでは工事や試運転の立会いのために現場に出張することも多々あります。各ステータスで色々な人と調整を行うので、元気に挨拶ができて、誰とでも臆せずに会話ができ、失敗を恐れずにチャレンジする気持ちが旺盛な人が向いていると思います。
吉原大祐
吉原Fashon
仕事内容
お客様からの要求事項をもとに、最適な処理プロセスの検討、装置の提案を行います。また、それらの装置を設計・製作するにあたって必要となる費用(原価)の見積りを行い、お客様への提示金額の算出を行います。
やりがい
計画の仕事は机上での計算・検討がメインで、現場での作業は設計部署で行っています。そのため、計画段階での装置はイメージでしかありません。しかし、実際に完成した装置を見たとき、イメージしていたものが実物になってお客様に使っていただいているんだという、何とも言えない感動を味わうことができ、やりがいを感じます。
必須アイテム
必須アイテム
1 電卓
2 メモ帳
3 携帯電話
こんな人におすすめ
柔軟性がある方。多様な業種のお客様がいるなかで、必要としている装置も異なってきます。そのような要求事項を満足するためには、既存の技術をいかに応用的に組み合わせ、変更していくかだと思います。柔軟な考え方でうまく区切りをつけて仕事をすることが大切だと思います。
佐藤有紀
佐藤Fashon
仕事内容
超純水製造装置、排水処理技術に関連する研究・開発。
主に超純水製造装置に関連した研究・開発をしています。水処理の基となるイオン交換樹脂や膜の性能評価はもちろん、配管やボンベなど使用する様々な材質の細かい部材に至るまで評価を行っています。実験室にこもりきりというわけではなく、客先の現場で試験・評価を行う場合もあります。
やりがい
自分で行った試験結果で実機納入の採用可否が決定されることから、非常に責任重大でありますが、やりがいを感じています。特に超純水分野は独特で幅が広く、日々勉強の毎日ですが、その分、自分自身が徐々に成長しているように感じます。
必須アイテム
必須アイテム
1 保護メガネ
2 保護手袋
3 関数電卓
こんな人におすすめ
研究・開発には、基礎から応用まであらゆる知識が必要になる仕事だと思います。もちろん、すぐに身につくものではありませんが、「日頃からあらゆることに疑問や興味を持つ人」「わからないことをとことん調べたり出来るような人」「見当違いだったとしても、自分の考えを発言する人」、そんな人がこの仕事に向いていると思います。